September 27, 2016

秋の或る朝

昨日の朝焼けは見事と言うよりも少々不気味さを感じさせるほどの空であったことを思い出す。
『朝焼けは雨、夕焼けは晴れ』という天気の諺通りなら昨日は雨が降ったハズなのだが、関西の殆どの地域で降水現象は見られなかった。 が、近畿地方でと枠を広げたならば、兵庫県や近畿北部では雨が降ったようだからあながち間違っていると断定は出来ないような・・・・・
ともあれ今朝の空(昨日と同時刻頃)は下の写真の通りであった。
s-2016-09-27_063943
上の写真撮影後、20分ばかりして撮ったのが下の写真だが、2葉を見比べると雲の形や広がりに変化が見られることと空の青さが鮮やかになってきたように思うのだ。
雲のことはおいて空の青さについて簡単に言えば、太陽光で短い波長の青色の光は大気中の微細な塵(ちり)と衝突を繰り返し、その結果青色の光が空に満ち満ちて青色が際立って見えるということになるのだ。
s-2016-09-27_064446
写真の通り雲が広がり今朝の日の出は見ることが出来なかった。
日の出の位置は日々少しずつ画像上右方向へ移動しており、私が普段座っている席からは近々見えなくなってしまうだろう。 今朝の写真は窓ガラスに近接して撮ったもの。
s-2016-09-27_101024
そんな今朝戴いた食事が上の写真である。
献立は芋ご飯、焼きナス、味噌汁、納豆、漬物、ブドウだ。
芋ご飯はをサツマイモを炊きこんであり、サツマイモは味噌汁にも入っていた。
s-2016-09-27_101732
ご飯大好きな私だが以前に芋ご飯を食べたのは60数年前になるだろうか。
珍しさだけでなく家内が上手に炊いてくれたこともあって朝から大満足であった。
味噌汁にはサツマイモ、シメジ、白菜が入り、秋を感じさせるものだった。
s-2016-09-27_102129
秋と言えば焼きナスも美味しかった。
ナスを焼いて皮を剥き、削り鰹節を振りかけ、おろし生姜と醤油で戴いた。
s-2016-09-27_102520
焼いて皮を剥くという手間な仕事をしなければならないので私は自分で焼きナスを作ることはしない。
納豆は秋を思い浮かばせる食べ物とは言えないが、ピオーネは夏から秋にかけて市場に出て来るブドウだから季s-2016-09-27_102829節感は感じられるし、何より家内にしても私にしても大好物の果物ゆえデザートまで大大大の大満足の秋をいっぱい感じる朝ご飯を戴いたのだ。
嬉しく有難いことだ。
今日は人に会う約束があるので家内は昼過ぎに出かけて行った。s-2016-09-21_132929
多分夕刻には帰宅するだろうが、またまた『おみやげ』が楽しみだ。
数日前から奥歯(歯茎)が疼いているが我慢しておとなしく留守番していることにしよう。


masatukamoto at 13:54│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ