April 04, 2017

春分の日

19日は先ず先ずの調子で終えることが出来て喜んでいる。s-2017-03-29_123639
姪の主人K氏や姪の息子S君には車椅子移動で世話になった。S君には自由に動けぬ私の代わりにスナップ写真をパチリパチリと撮ってもらい随分良い記録が出来た。
家内は勿論のこと介護タクシーの運転手やホテルのスタッフなど沢山の人たちの支援を受けて第二の塚を迎え越えることが出来たことを感謝したい。
s-2017-03-04_210627
人生は喜びや悲しみが代わる代わる訪れるもので、3月初めには哀しい思いをしたが、19日は喜びの日を迎えることが出来た。将に人生悲喜交々と言える。
喜びの酒というのは美味いもので、翌朝(20日)疲れを感じたものの飲酒のせいではない。
2017-03-24_075107
疲れのことはともかくとして、20日は春分の日であった。
s-2017-03-08_211218未だ私の席(常の)から見える日の出場所ではないが、窓際まで行って撮影したのが上の写真。
冬の間、日の出位置が南の方に移っていたが随分回帰してきたものだ。
いよいよ春を実感といったところだ。



masatukamoto at 16:09│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ