April 19, 2017

祝いの『塚』

幾つかの『塚』を明らかにした通り調子は決して悪くはない。が、一足飛びに改善回復するものではないのだ。
よーく分かっていることなので焦ったりすることはないが、願いや希望は常に心中に秘め、状況に応じて機能回復に努めている。s-2017-03-29_130815
あら探しと言った悪い意味ではなく、将に『鵜の目鷹の目』の如き真剣な眼差しで状況を見て即座に対応(挑戦)出来る構え、つまりあら(粗)ではないが、隙あらば面でも籠手でも一本取りに行ってやろうと身構えているということだ。
チャンスは何時どこで遭遇するか分からないのだ。 チャレンジ出来る状況に遭っても我が体調が合わない場合もあるし、その逆で不運な場面に出くわすことだってあるのだから。
ともあれ回復調子が上向きで気分良くしていた過日、息子たちがやって来てくれた。
s-2017-04-18_105113
戴いたヱビスを久し振りに味わったが何だかまろやかな味わいと香りで、以前に飲んでいた頃の記憶と若干違うように感じたのだが・・・
客が来てくれるのは嬉しいことだ。
s-2017-04-18_171737賑やかであるということが先ず嬉しい。
次に、お酒にしろ料理にしろ或る程度家内の監視姿勢が寛大になるということだ。
いかに息子たちと言えど彼らの前でキツイ姿勢を見せるのは家内とて憚るのだ。s-2017-04-18_083825
なーんて言っても私もメチャはしない。少しばかり量は増えるが自分の体の状態はよく知っているのだから。

長いこと広島へも行っていないので、せめて酒くらいとの思いで買い入れておいた『酔心』と、いつもの『蔵人の詩』を料理に添えた。
急遽頼んだ仕出し膳に息子の嫁が作ってくれた和え物(写真)や家内が急ぎ盛った冷凍保存食品なs-2017-04-18_171926どなど。
息子の嫁の作品は山芋と胡瓜を乱切りしたものを梅肉・味醂・鰹節・白胡麻などで和えたもの。
ご飯のおかずにもお酒のアテにも良い一品だった。
多少下駄ばき評価とも思うが、まあ良かろう。
s-2017-04-11_112703障害を受けて5年と半年になろうとする。
家内だけでなく沢山の人たちの支援を頂き、正直有難く感謝しているし、同様辛さも感じている。
身体を思い通りに動かすことが出来ない辛さもあるが、様々な支援を頂くという辛さもある。申し訳ないなあという思いである。
ともあれ最も基本となる『塚』を今年も越えさせて頂き、このことを祝っても頂いた。
メールを頂いた方たちにも感謝申し上げる。
バースデーケーキは不二家のイチゴショートケーキ。これも随分久し振りだった。
息子が知っていたのかどうか分からないが、私と家内の思い出の品なのだ。
s-2017-04-18_085205
家内が母親と二人で住んでいた頃、風邪で欠勤していた家内を見舞うのに買って行ったケーキなのだ。
普段は元気な家内だが、1 年に一度必ず風邪を患って高熱を出し、4~5日の安静を要する状態になるのだっs-2017-03-29_130453た。なーんにも食べることの出来ない体調でも不思議とこのショートケーキだけは食べることが出来たので、サッブイ木枯らし吹きすさぶ中、仕事帰りに買って持って行っていたのだ。
当時は 1 ホールが400円の小さい物だったが頂いた写真のバースデーケーキは大きい物だった。
昔のことを思い出させてもらったことにも感謝せねば。
s-2017-04-18_172915
今日吉野山は下千本は葉桜、中千本、上千本ともに落花盛ん、奥千本は5分咲きとの桜開花情報を出していた。
『諸行無常』である。s-2017-03-29_130628
良寛和尚は『散る桜残る桜も散る桜』と詠じていた。
一休和尚は『門松は冥途の旅の一里塚、めでたくもありめでたくもなし』と詠んだ。
私が越える『塚』も同じ・・・
それでも、越えられる『塚』なら越えたいし、越えさせて欲しいものだ。


masatukamoto at 17:38│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ