April 22, 2017

初物のお菓子

家内も私もだが熱中するテレビ番組がないことは以前に書いた。
しかし二人が揃って見るものにクイズ番組がある。19-2
地理だの生物だの漢字だのと様々なクイズが出題されるのだが、画面を見ながら出演者と同じ様に家内と『正答&速さ』を競うのだ。
出題される問題が特別難しいというものではないので家内も私もそこそこの成績は挙げている。
プリニウスほどの博識であれば何と馬鹿らしい番組だと思うかもしれないが、平凡な私たちだから先ず先ず楽しめるのだ。
「ああ、そうだった。」と気付かされることもあるし、「ええ?知らんかった。」という問題も中にはある。
s-2017-03-04_211041
クイズの問題ではないが、先日「えっ?知らんかった。」という物をK子さんに送って頂いた。
s-2017-04-20_221032私が病気で倒れた折には千羽鶴を折って頂いたりと常々気遣って頂いている方だが、私の誕生日を祝って美味しかったので是非にとお菓子を送って下さったのだ。
沖縄のお菓子なのだが、これは家内も私も知らなかった。
『ちんすこう』や『サーターアンダギー』ぐらいは知っていたが正に初物であった。
写真に文字を入れた通り、原材料は冬瓜で砂糖漬にしてあるものだ。
s-2017-04-20_221253パイナップルの実などを砂糖漬けにした後に乾燥させたものと同じようなものと想像すれば良いだろう。
味わいは当然甘く、しつこさのない上品な甘みを感じるように仕上げられている。
歯応えはゼリー菓子を食べる時の柔らかさ加減で、パイナップルの砂糖漬菓子のような酸味は無く、梨の実を食べる時に感じるザラザラした粒々感が少しだけある。
s-2017-04-20_222007
琉球王国時代に中国からの冊封使を接待する際に供したお菓子らしいが、家内とともに初物として茶菓子に美味しく頂いた。
添えられた切り絵の一筆とあわせ、いつもの細やかなお気遣いに感謝申し上げる。


masatukamoto at 17:47│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ