May 12, 2017

GW明けのゴッツォ

GW後半のこと、GW明けのこと、これらをブログにと資料写真だけ用意していたのだが、書き込む機会が無くて自分勝手休暇をとってきた。
休暇と言ってもブログ作成についての休暇であって、リハビリについては日々精進を続けてきたし今日も続けている。
それらについては遅ればせながらボチボチ書いていくことにして、先ず今朝の日の出の様子を。
s-2017-05-12_062350
雲が多くハッキリしない日の出だったが、TVアンテナを基準に見れば、5月1日の写真では向かって右側に昇っていたのが今朝は左手に。視覚的に時の移りを否応なく確認した次第。
5月6日、GWもいよいよ終わりという土曜日、R子から携帯メールが入った。
『越前よりブツ送付、乞用意辛味大根』
越前+辛味大根と言えば、これはもう手打ち蕎麦に違いないと。
s-2017-05-08_113801
7日、日曜日、有難く有難く拝受。
越前蕎麦と言えば、2月4日に家内が『ぶどう組』での蕎麦打ち見学に出かけたのだが、この時の蕎麦打ちがそれであった。
今回拝受のものは『つるきそば』。長男が贔屓していた大津・坂本の蕎麦も『鶴㐂そば』という名称である。
頂いてみて違いを確認。
日曜日は予定があったため、第一食目は8日の朝食に温かい蕎麦として頂戴した。(下)
s-2017-05-09_085112
第二食目は夕食に冷たい蕎麦として下の写真のように頂いた。
辛味大根をと思ったのだが、R子が言ったようにデパ地下でも生協でも見つからず、ただの大根おろしに山葵の微塵切りを加えて戴いた。
この山葵の微塵切りは息子の嫁が持ってきてくれたものだが、メッチャ効く効くというもので、鼻の奥がツーン、目頭から涙、頭のテッペンがキーン、と。
s-2017-05-10_201551
大根おろしと混ぜることによって辛味は多少抑えられたが、それでも効いた効いた。
ともかく美味しく頂いたことを報告してお礼に代えたい。
ちなみに福井と言えば恐竜だが、私は未だ博物館へ行ったことがないのだ。足の状態が戻れば家内と是非。


masatukamoto at 21:55│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ