May 14, 2017

前後するが、GW半ば--B

s-2017-05-08_132350今春小学 1 年生となった H の写真を添え、昨年 8 月に誕生した K を連れて我が家へ来ると M からのメールが届いた。
普段なかなか孫たちの顔を見ることが出来ないジイジイ&バアバアとしては嬉しい知らせであり訪問を心待ちにすることになったのだ。
s-2017-05-05_154514

どんな学校かな?
担任の先生は?
新しくお友達が出来たかな?
どんなことを勉強してるのかな?

小学 1 年生になってほぼ一ヶ月。
気が優しくお花が好きな H だが大勢の子たちの中でどんな生活を送っているのだろうか。
給食が始まったろうが、しっかり食べているだろうか。

ジイジイ&バアバアとしては H の語り具合や表情から H の新しい環境を知りたく興味津々でその日を待つことにしたのだった。
s-2017-05-05_154700
菖蒲を生けたり、菖蒲湯に浸かったり、大きい真鯉の軸を掛けたりと端午の節句を我が家でも祝った。
5 日には未だ開いていなかった菖蒲の花だが下の写真の通り
7 日には二つを残して見事に咲いてくれた。
s-2017-05-08_114548
生け花の花菖蒲とは別に花屋さんに頂いた菖蒲を今年も浴槽に入れた。
子どもの頃は菖蒲の葉の香りを好きになれなかったのだが、友達と銭湯へ行き、太い束にして浮かせてあった菖蒲を浮き輪代わりに遊んだ楽しかったことが思い出される。
s-2017-05-04_220843
今年は写真の通り葉を束にせずに浮かべたのだが、葉身の切断面が少ない分だけ香りが弱いものになった。
浴槽内のピンク色の椅子や取っ手は私のための介助用具で洗い場にも同色の背もたれ付きの椅子を置いている。
s-2017-05-04_220349
タトゥーを入れているわけでも恥ずかしいわけでもないが、ちょっと色付けを。
介助用具の必要が無くなるよう努めてはいるが、未だ未だ時間がかかりそうだ。

端午の節句と言えば鯉のぼりや武者人形もお馴染みだが、子どもの頃には古新聞紙で兜を折ってかぶっていたことも思い出す。
s-2017-05-05_153235
H が来た時に折り方を教えてやろうと昔を思い出しながら折ってみた。
息子が小さかった頃に折ってやったことがあるから、かれこれ 40 年ぶりの作業になるだろうか。、
s-2017-05-05_154120昔取った杵柄という諺があるように少し間違えても直ぐに思い出すものだ。
自撮り棒を使ったものではない。
良い出来栄えだったので家内に撮ってもらったのだ。
兜の折り紙と共に進駐軍の帽子を折っていたことも思い出した。
s-2017-05-05_152812
つばの付いた学生帽のような帽子をかぶった進駐軍兵士もいたが、よく見かけたのは G I 帽と呼んだもので上の折り紙のようなものだ。
s-2017-05-05_153655H が来たら是非教えてやりたいと、何度か稽古を重ねた。
かぶってみれば写真のようになるのだが随分昔のことが思い出されて、むむむむむ。

ところがだ。
来宅予定の前々日に
M が風邪ひきでダウン。
結果的には来宅予定日が大雨の悪天候になったので良かった良かったということに。
次なる機会を待つことに。


masatukamoto at 18:43│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ