August 16, 2017

近頃のエサ 《2》

人間が食べる物をエサと呼ぶのは正しくはない。 しかし、私は殆ど与えられるがまま、唯頂くだけの状況なのでエサと呼んで・・・・
勿論のこと食べ物を粗末に思い扱うことなどないし、家内が用意してくれる食事は有難く頂いている。
s-2017-08-16_182857
前回はミニトマトについて書いたが、7月中は毎日のようにブドウ(デラウェア)を楽しみ、下旬には頂いた大房のシャインマスカットやモモまでがデザートに出るようになり大変に嬉しい思いをさせてもらった。
和歌山の『あら川の桃』も美味しいが、好みを挙げるなら岡山の白桃だ。
昭和34年の夏、岡山駅のプラットホームで買ってもらった白桃の味わいは強烈な印象として今なおしっかり記憶している。
s-2017-08-01_092428
ただ、昔も高かったが今も高い果物なのでそうそう口には入らない。
口に入らないと言えば糖質の総量制限ということも加味され、これについては家内の頭の中のことで私には分からないことながら、好きなだけ食べることは許されなくなってしまった。
s-2017-08-16_114750
上の写真は巨峰系のニューピオーネというブドウだが、5年前までは一房を丸ごと抱えて食べていたのだが・・・。
近頃私に出してくれる一回分の量は写真の半分くらいの量だろうか。
ニューピオーネも一回に出される量が少なくなる分食べる回数は増える。
s-2017-08-16_110641反比例の関係式が成り立ち全体量に変化は無いものの、一度に食べる量が少ないのは寂しいことだ。
左の写真が1回分。
うーーん。
卑しい? 餓鬼道?
『エサ』。
表現はイマイチとは思うが・・・・・

 
2017-06-03_131901



masatukamoto at 22:25│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ