September 01, 2017

記憶の広がり《 つづき 》の続き

昭和37年(1962年)に初めて食べたものの記憶を綴っていたのだった。
誰しも同じだと思うが初めての経験というのは印象深く記憶に残るものだ。s-2017-08-11_160933
食べ物の場合、その食べ物を食べるきっかけとなったこと、一緒に食べた或いは教え連れてくれた人のこと、食べた時期や場所、その場の雰囲気、食べた物やその食感、味わい香り色合い等々次々と繫がり思い出されるものだ。
2017-08-31_131349
印象深いことのひとつとして夜食にチキンラーメンを食べていたことを少し前に書いた。
その文を綴っている時も当時の友人の表情や声までもが次々に思い浮かび、文章の作成がなかなか進まなかったs-2017-08-12_063354ほどだった。
ホルモン焼の店へ連れてくれた人のことも思い出していたが、思い出すことが多くて知人としか書かなかった。
その知人は某柔道場でしばしば手合わせした間柄だが、私より10歳ほど年長ながら常に対等親切に接してくれた山口出身の人だった。
多くの人たちの世話になってきていることを改めて思い出しているところだ。
           《つづく》・・・・・多分
2017-06-03_132011



masatukamoto at 06:47│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ