September 03, 2017

記憶の広がり 《おわり》

初めてのものを口にした時の驚きや喜びについて書いてきたが、そうした感動を与えてくれた人たちについても触れてきた。
このように思い出を辿ると実に沢山の人たちの世話になってきたのだと、改めて感謝の思いが込み上げてくるのだ。
s-音符-10
昭和37年(1962年)、ハイ・バリトンとして某音研にスカウトされ 『 かあさんの歌 』 や 『 ちいさい秋みつけた 』を歌っていた。
s-2017-08-16_111930学校の音楽の時間か子ども会指導の時にしか歌うことの無かった私が何故スカウトされたのか未だに分からないままだ。 私をスカウトしたのは合唱指揮者でもあったが、その女性は声楽指導だけでなく何かと気遣ってもくれたことも思い出す。
初めての経験、広い視野を与えてくれたことに感謝の思いでいっぱいだ。
s-音符-8
音楽という点では専門のクワイアとは違った歌う楽しさをAさんとYさん(明石焼を教えてくれた)に教えてもらったこともあった。s-2017-08-09_135247
歌声喫茶。
両親或いは母親には様々な店に連れてもらっていたが、喫茶と名の付く店には入ったことが無く、AさんとYさんに連れてもらったのが初めての経験だった。
勿論コーヒーや紅茶を提供する店であることは知っていたが、小遣いを使ってまで行く必要性を感じていなかったということだ。
s-音符-3
しかし当時の記憶を探ると、新御堂筋(高架)が建設されたことで阪急東通りが随分変わったが、昭和37年当時のs-2017-08-16_112330阪急東通りには喫茶『田園』や『翡翠』といった店があり、曾根崎小学校(合併の繰り返しで今は無い)のお初天神通りの角には『アメリカン』という喫茶店があった。
喫茶だったか純喫茶だったかまで記憶にはない。
だが初めて連れてもらった歌声喫茶というのは上に挙げた喫茶店とは趣きを異にしていた。(後に分かったことだが)
連れてもらった歌声喫茶は阪急東通りにあった『こだま』という名の店で、確かワン・ドリンク制だった。小さなステージに向き合うよう客用のテーブルと座席が設えてあり、2人か3人だか楽器演奏者が歌唱指導を兼ねて場全体をリードしつつ雰囲気を盛り上げていた。
s-2017-08-16_112729
AさんとYさんに初めて連れてもらった時、店内は隣の客同士がくっつくほどの満席状態であった。
そんな中、私の好きなロシア民謡や当時の青春歌(北帰行・遠くへ行きたいetc)などを全員が合唱するのだから、その熱気は経験したことの無い衝撃的なものであった。
s-音符-6
この時の経験が忘れられず、後に一人でも歌声喫茶(店)を訪れるようになったのだが、その頃のことを思い出して書斎から探し出してきたのが下の歌集だ。
s-2017-09-02_064849
店内で売られていたもので、もう一冊持っていたように思うがコレしか見つけることが出来なかった。
楽器演奏や歌唱指導は音大や学大の学生やOBが担当していると聞いたことがあったが実のところは分からない。
後に一人で訪れた頃は東京オリンピック(1964年、昭和39年)が近付いていたこともあり、参加各国の国家を歌い覚えるということもあった。
上の歌集の奥付を見ると下の写真の通り、昭和40年と。
こだま奥付-2
私は主に梅田の『こだま』で歌ったが、ミナミには『どん底』、京都には『炎』があり、時期は異なるが家内も京都で学んだので『炎』で歌ったことがあると語っていた。
歌声喫茶というのは、学生時代、将に青春を謳歌した場のひとつであったなあと懐かしく思い出されるのだ。
素晴らしい体験をさせてくれたAさんとYさんには今も感謝しているのだ。
s-かえる-1







masatukamoto at 15:51│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ