February 19, 2018

スゴイね

いやいや凄いなあと驚くばかりだ。
PyeongChangで行われている冬期オリンピックの各競技の様子を新聞やテレビが連日報道している。
今朝のトップ報道は小平奈緒選手がスピードスケート女子
500mで金メダルを獲得したことだった。しかもタイムは五輪新記録だったと。
これは素晴らしいことで拍手喝采称賛するばかりだ。
s-2018-02-19_095133
マスメディアが大きく扱うのは当然のことだ。
日本のメディアが日本人の金銀銅のメダル獲得者に重きを置く報道姿勢をとることも理解出来る。
しかし私の視点はチョット違うのだ。
s-2018-02-19_124223
1964年東京オリンピックの折にアメリカのボブ・ヘイズが男子100m走において10秒の壁を破るかどうかが大きい関心事になっていた。
当時の私は12秒台(後半だが)で走っていたから、「なーんだ、3秒も開いてないじゃないか。」と心の中では天狗になっていたのだった。
s-2018-02-19_144530
後に天狗の鼻は呆気なくいとも簡単にへし折られてしまったのだった。
たったの1秒。ところがドッコイ、この1秒は
『ただの1秒』ではないのだ。
そんな『ただの1秒』ではない難関を乗り越えて平昌オリンピックでの競技に参加している各国選手たち。それだけでもスゴイことなのだ。メダルを獲得出来なくとも、入賞を果たせずとも、選手として参加出来ている、そのことに私は敬意を表し拍手を贈る。そんな視点で競技を観ているのだ。
s-赤色線-1
家内は土曜日曜が休日で今日は出勤?日。
つまり土日以外、私の昼食とおやつは・・・。
《写真の通りだ》

s-青線-1





masatukamoto at 14:44│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ