December 31, 2018

平成30年大晦日

平成30年の大晦日を迎えることが出来たことを先ず喜び感謝したい。
s-2018-12-29_112647
s-2018-12-31_161439
しかしながら今年も嬉しい事ばかりで無かったことは勿論のことだ。
『ホトケの』などと敬称を付けて頂くようになったとは言え私は生身の人間であり何でもかでも喜ぶと言えるほど人間は出来ていない。慈悲の光明あまねく隅から隅まで照らすと言われる絶対世界にある仏さまとは違うのだ。
ともかく表情など行動に表すかどうかは別にして喜怒哀楽を感じつつ今年一年を過ごしてきたのだ。
s-s-2018-11-18_151913
年の初めは家族が顔を合わせて新年を祝うことが出来た。これは『喜』であり『楽』であった。
しかし松の内が明けると『哀』がやって来た。
『怒』は政治屋の言動を筆頭に今年も沢山あった。
s-2017-11-04_063550
喜怒哀楽、感じたことはイッパイあったが、年の最後に我がリハビリの現況について一筆報告しておこう。
リハビリ効果については一進一退でなく五進一退程度で推移。一喜一憂しつつ年間トータルで見れば圧s-s-2018-10-30_160038倒的に『喜』が多く嬉しい年であった。
手術を受けて今月で丸6年。既に7年目に入った。
子どもの成長に比すれば生まれた子が小学一年生に。だが私の歩行機能は未だヨチヨチ歩きのレベル。現状について残念には思うが決して『哀』ではない。回復に時間はかかっているが前進し続けていることを実感しているので気分は『喜』『楽』である。
s-2018-12-31_161439
来年は亥年。
猪突猛進とも言う。猪が突き進む勢いだけを頂き、引き続き回復に努めたいと思っている。

ライン紫色




masatukamoto at 16:15│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ