January 06, 2019

福って?

『笑う門に福来たる』という。
福と言うのは幸福や幸運のことであり、対する言葉としては災禍、災厄を挙げられようか。
禍福吉凶とも言うが、凡そ人ならば私に限らず福や吉を求めるのが当然だろう。
s-2018123010230000AAA
福や吉と言ってもこれらについてアレだコレだと特定することは難しい。
何を福や吉とするか、これは人それぞれ、その人の置かれている立ち位置や価値観、感じ方や受け止め方によって大きく異なるものだ。
A2017-01-20_074641
以前にも書いたことがあるように思うが・・・

麻酔処置を受けて即意識が無くなり20時間近く後。
薄っすら目を開けたものの焦点は定まらず瞳には靄がかかったような様子。
ぼんやり揺らぐ灯りは細いローソクの燈明のような・・・
私は祀られているのだろうか。
意識を元通りに取り戻すまでには暫くの時間を要した。
2017-01-20_074621
看護師の女性が声を掛けてくれ、その後スプーンの水を舐めさせてくれた。私の記憶では飲んだのではない。5㏄にも満たぬ量の水だ。確かに舐めたのだ。
が、『甘露』『甘露』。
この世にこれほど美味い水は無く、これほど幸せなことは無い。
真実そう感じたのだった。
A2017-01-20_074708
スプーン1杯の水では洗濯どころか手を洗うこともうがいをすることも出来ない量である。
スプーン1杯、たったの5㏄だ。
福も吉も思い様受け止め様と心得る。
A2017-01-20_074741



masatukamoto at 13:50│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ