May 14, 2020

《 真 摯 》

加藤厚労大臣と言えば、コロナと関係は無いが小池議員(日本共産党)の質問に対して論点ズラしをしてまともに答えなかった小狡い輩だ。朝ご飯を食べたかと問われたら、ご飯は食べなかったと応える。実際にはパンを食べていたのだが、わざとはぐらかして答えない。こうした論法は『朝ご飯論法』と呼ばれ悪評しきりだった。
先月30日には参院予算委員会で小池議員の「どうやって、いつまでに1日2万件の検査を実現するのですか。」との質問に対してまともに答えず、再度「どうやって、いつまでに2万件検査を実施するのかと聞いてるんです。」と問われ、「別に2万件の能力があるから2万件やると申し上げているわけではありません。」と例の『朝ご飯論法』のようなマッコト失礼な答弁?をした奴なのだ。
s-2020-05-07_143225
目安を基準と受け止めたのは誤解だと言ったのは加藤厚労大臣だが、目安と基準が同じ意味の言葉であることを東大(経)を卒業していて知らぬということはないだろう。
この加藤氏を厚労大臣に任命した安倍総理大臣についても同様のことがあった。
政府の公式行事である『桜を見る会』について、首相事務所が参加申込書を支援者にコピーさせ、その知人・友人らに募集していたと宮本議員(日本共産党)が指摘した。それに対して安倍首相は「幅広くs-2020-03-30_054215希望者を募ることは承知をしていた。」と答えた。それで「募集しているといつからご存知か。」と宮本議員が質問すると「幅広く募っているという認識で、募集しているという認識ではなかった。」と答えたのだ。
『募っているのであって募集しているのではない』と安倍首相が言ったのだが、これはもう情けないという思いを通り越して笑うしかなかった。
紫短
さて、彼らの言葉についての話題は事欠かない。なかでも『真摯』と言う言葉は大安売りの状況だと以前に書いたことがある。『真摯』と言う言葉は『誠実』とか『まじめ』といった意味があり、広辞苑には『まじめでひたむきなさま』と記載されている。
青短
果たして『まじめでひたむき』なのかどうか・・・
思い出すままに、東日本大震災のあと「東北で良かった」と言った今村復興大臣が辞任したが、その際s-2020-05-04_104443に安倍首相は「任命責任は私にある」とし、閣僚らの相次ぐ失言について厳しい指摘もある。「『真摯』に受け止めなければならない」と語っていたのは  2017年のことだった。
赤短
2019年にはサイバーセキュリティ担当なのに「パソコンを使ったことが一度も無い」などと発言、物議をかもしていた桜田五輪相が同じ自民党の高橋比奈子衆院議員の政治資金パーティーに出席、「復興以上に大事なのは高橋さん」と述べたことで辞任した。
この時に安倍首相は国民に詫び、「任命責任はもとより内閣総理大臣たる私にあります」と責任の所在を明確にし、「内閣全員がより一層身を引き締めていかなければならない」「さまざまな批判があることも『真摯』に受け止めなければならない」とも語っていたのだ。
緑短
昨年12月には桜を見る会の私物化、公文書管理などで国民の信頼を揺るがす事態が発生している中、自民党の岸田政調会長が反省すべきものは『真摯』に反省し、説明責任を果たす必要があると首相や政府にしっかり対応を求めていきたいと語った。これに対し安倍首相は、国民の信頼こそが政策を進めていく力だ。説明すべきは『真摯』に説明と言っていたのだが・・・。
s-2020-05-04_104812
2月16日には新型コルナウイルスの感染拡大が深刻化する中で開かれた対策会議に森法務大臣、小泉環境大臣、萩生田文科大臣の3名が地元後援会などの行事を優先させて欠席するという失態をさらした。
この時の三氏の弁解謝罪の言葉に『真摯』が用いられていた。南アフリカ.赤ワイン-2
その森法務大臣は、東京電力福島第一原発事故直後に検察官が市民より先に逃げたとする国会答弁に関し、「事実と異なる発言をした。不適切だったと『真摯』に反省し深くお詫びする」と語った。
そして一昨日、検察庁法の改正案について、森法務大臣は「国民の皆さまの誤解や疑念については『真摯』に説明をしていきたい」と言っていたが、結局委員会に出ていないのだ。『真摯』に説明することが大切だと言っている安倍首相も自民党も、結局は二枚舌を使い分けしているってことか。
空色短
いつも言っていることだが人間は間違いを犯すものだ。『仏の顔も三度』と言うように未完成な私にも寛恕の心はある。
しかし、辞書の内容まで変えてしまうのではないかと思うほど『真摯』という言葉を大安売りする彼らを信用し赦すことは私にとっては大変に難しいことだ。


masatukamoto at 17:30│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ