August 14, 2020

暑い時に熱い物

私の回復を気に掛けてくれている K子さんから「暑い時には熱い物を食べて元気をつけて」と、鱧鍋セットを送って頂いた。
s-2020-08-13_114436
鱧鍋セットは西区・靱本町の割烹『がく』の今川 岳さんが作られたもので、鍋と熱源さえあれば誰でも料亭の味を堪能出来るよう出汁、具材、薬味をひとつの容器に詰めたものだ。
先ず具材の主役である鱧。
s-2020-08-14_092512
細かく骨切り・湯引きして花が開いた真っ白な身は二段重ねで容器に入れられていた。
かき色短い
緑色の葉野菜は『大阪しろな(天満菜)』。私が子どもの頃は『しろな』と言えば『大阪しろな』のこs-2020-08-14_092819とで、よく似た葉野菜は広島菜と呼んでいた。
小鳥のエサにしていたのも『しろな』だったと思うのだが随分と久し振りに『大阪しろな』の名前に触れた。
60数年ぶりになるだろうか。
2020-08-07_143745
黄色味を帯びたものは生湯葉。白色は新玉ねぎ。これは鱧鍋との相性の良い具材だ。
s-2020-08-14_093035
s-2020-08-14_093221
下は鱧の卵巣と浮袋。浮袋は鍋に入れて食感を楽しみ、卵巣は最後に雑炊として楽しむことに。薬味は『柚子胡椒』と『すだち』が入っていた。
s-2020-08-14_094000
s-2020-08-14_094557
「暑い時には熱い物を」。このことは古来からの言い伝えとして私も両親から聞いており実践してきていることだ。根拠は東洋(中国)医学に求められ、漢方薬処方『清暑益気湯』と共通する考えである。
s-2020-08-14_095008しかし分かってはいるが、このところの暑さは尋常ではない。食卓にコンロを置いて鍋を、との思いには至らず、鍋に出し汁と具材を入れてキッチンで先に熱し、それを食卓に運んで家内と頂いた。
鍋には私たちの好みから豆腐とキノコ(生椎茸、えのき茸、シメジ)を加えて煮た。
2020-08-07_143716
s-DSC_0030コピー11
今川さんからは鱧鍋の頂き方についての指南書に加えて時候挨拶の一筆も頂いた。彼が自分の店『靭本町がく』の暖簾を掲げたのが2013年。訪ねたくても叶わなかったが、昨年2月に K子さんと寿司屋の大s-2020-08-14_095925将I氏、それに私たち夫婦の 4人で店を訪れて料理を頂いたのだった。そしてコロナ禍の今年の4月に K子さんの手配で今川さんが調理頂いた若竹煮やマナガツオの西京漬などを送って頂いた。
s-2020-08-14_095329料理が美味しいことは間違いないが、やはりお店で頂きたいものだ。
コロナウイルス感染症が早く終息し、私の歩行能力の回復も一層早まることを願うばかりだ。
薬味に『柚子胡椒』と『すだち』が入っていた。私は試しに『かんずり』を用いてみたが、これも先ず先ずの味であった。2020-08-14越後桜-50
ちなみに頂いたお酒はビール『サッポロ黒ラベル』に日本酒『大吟醸・越後桜』。
家内はボルドーの赤。
最後になったが K子さんと今川さんに、
家内と私から
「ごちそうさま」《謝々》


masatukamoto at 15:30│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ