April 08, 2021

称賛

近頃の私はロシアや中国をバカモンと罵ることで憂さを晴らしていると書いた。
彼らの目の前、つまりミャンマーで大火事が起きているのに水もかけずにただ見ているだけの中国とロシアのことだ。
否、ただ見ているだけではない。私には彼らが陰で油をかけているようにも見えるのだ。
2021-03-17_165253
1983年頃、中曽根首相とレーガン米国大統領がロン・ヤスと呼び合うほどに仲良しであることを吹聴していた。それを真似てか安倍前首相は、トランプ米国大統領をドナルド、プーチン大統領をウラジーミルと呼んでいた。1983年頃の世界情勢とは全く異なる中で、一方的にファストネームで呼ぶ安倍前首相2021-04-07_102435 (2)を私は滑稽に思えて仕方がなかった。
うすむらさき短い
それはともかく習近平主席は『クマのプーさん』の顔に似ているからプーと言われているようだ。
プーチン大統領の名前はプーから始まり、どちらもプーが共通する。『クマのプーさん』ならばカワユイのだが、2頭とも人の心が分からない熊。「山奥へ引っ込んどけ!」と怒鳴ってやりたい思いだ。
空色短い
しかし世に捨てる神あれば拾う神ありと言うが、先日、暗闇に一筋の光明を射すが如き報道に接し、称賛の拍手を送りたい気分になった。
私が心から拍手を送りたいのはギーゼッケ・アンド・デブリエントというドイツの紙幣印刷会社だ。この会社、ユーロ紙幣を印刷して欧州中央銀行に納めているほか世界100ヶ国以上に紙幣印刷技術などを提供しているのだ。会社が創設されたのが1852年、和暦だと嘉永5年に当たるからペリーが軍艦4隻を率いて下田に来た前年のことになる。
s-2021-04-07_071521 (2)
この会社が『ミャンマーの惨事に深い懸念と悲しみを表明し、(紙幣を印刷する)国営企業と全ての取引を即時に中止する』と発表した《共同通信 4/3 より》のだ。
みどり短い
内政不干渉の原則を免罪符の如くに掲げ、目前で罪なき人々が殺されている現状を見て見ぬふりを決め込んでいるロシアや中国。ミャンマー軍事政権と親交があるとする日本政府は犬の遠吠えにも及ばぬ恰好を示2021-03-17_170607すだけのお粗末さ。
そんな世界情勢の中で、一企業として正義を表明、実践したことを私は大いに褒め称えたいのだ。
紺色短い
紙幣の印刷供給に制限を加えてもミャンマー軍事政権の残虐行為を即座に停止させる特効薬にはならないだろう。しかし軍事政権が行っている非人道的な行為に対し、諫め非難する言葉や恰好つけるだけでなく行動でも示したギーゼッケ・アンド・デブリエントに対し、私は敬意を込め称賛の思いを抱いていることをここに記しておきたい。




masatukamoto at 09:37│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ